ひたすらハードな筋トレをしても、思ったほど筋肉はつきません

ひたすらハードなトレーニングをすればするほど筋肉はつく、こう勘違いしている人が世の中にはいますが、実は、ひたすらハードなトレーニングをしても筋肉はつきません。むしろ逆効果です。

では、なぜハードなトレーニングは逆効果なのでしょうか?

実は、筋肉と言うのは、基本的にトレーニング中につくものではなく、トレーニングを終えて休んでいる間につくものです。

なので、筋トレで重要なのは、トレーニングではなく休息なのです。これを知らずにハードなトレーニングをし続けると、トレーニングのわりに筋肉がつかないだけでなく、故障、怪我の原因になりたいへん危険です。ですので、筋トレをするなら、トレーニングの合間にきっちり休みを取るようにしましょう。

具体的には、1日筋トレをしたら1日休む、くらいがちょうどいいです。1日筋トレをしたら2日休む、でもかまいません。

その程度のトレーニングだときっちり筋肉がつくか不安、という人は筋肉増強効果があるサプリを飲んでからトレーニングするといいでしょう。そうすれば、効率よく筋肉をつけることができます。ひたすら体をいじめぬかないと筋肉がつかない、というのは昭和の考えです。

何も考えずにハードワークをするトレーニングよりも、適切な休息をとりながら論理的にトレーニングをする方が、ずっと効率よく、安全にトレーニングすることができるので、がむしゃらにハードなトレーニングを積んできた人は、ここで立ち止まって、考えを改めることをお勧めします。